大本幸大(所属作家)

Strayed, 2013, 53x45.5cm, 20 7/8x17 7/8in., oil on canvasLifestyle, 2012, 92x170cm, 36 1/4x66 7/8in., oil on canvasParabola, 2013, 182x227.3cm, 71 5/8x89 1/2in., oil on canvasVoid, 2010, 170x98cm, 66 7/8x38 5/8in., oil on canvas

大本幸大/Kota Omoto《Connector》2016, 91x72.7cm, oil on canvas大本幸大/Kota Omoto《Heavy Wind》2015, 53x45.5cm, oil on canvas大本幸大/Kota Omoto《Reboot》 2016, 53x130.4cm, oil on canvas 《Dry Voice》 2016, 18x14cm, acrylic, pencil and wax on copper plate
 
「ヒトを描く」という主題の下に制作を続けていますが、必ずしもそれらがヒトの形を保って描かれる訳ではありません。

私達が日常生活を成り立たせるために生み出した、ありとあらゆる装置-機械、家畜、社会構造-。日常に溢れかえる諸々のそれらから、

時おり垣間見える「ヒトの輪郭」とでも呼ぶべきものを、追いかけ続けています。

断片的なそれらの中から、「ヒトがヒトらしく生きるとは、結局どういうことなのか」という問いの、あるのかどうかも定かでない答えに少しでも近づければ、と考えています。
 
1988年 山形県酒田市生まれ

2011年 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科卒業

2013年 武蔵野美術大学 造形研究科修士課程絵画コース修了
 
展覧会歴(個展/グループ展)
 
2016年

カオス―混沌・明日への問いかけ―/ギャラリー日比谷
 
2015年

100号展/MASATAKA CONTEMPORARY

ASIA WEEK NEW YORK 2015/BERNARDUCCI MEISEL GALLERY, USA
 
2014年

はじまり。展/MASATAKA CONTEMPORARY

個展「遠吠えで空洞は埋まらない」/アートギャラリー絵の具箱

企業コラボアート東京2014/MDP Gallery(Lift étage)
 
2013年

個展「つながれたもの、つながれぬもの、そのどちらでもないもの」/アートギャラリー絵の具箱
 
2012年

第2回 ドローイングとは何か 公募入選者展/ギャルリー志門

ボールペン四人展/ギャルリー志門

カオス―混沌・明日への問いかけ―/ギャラリー日比谷
 
2011年

個展「-Deadscape-」/ギャラリーまつ
 
2010年

トーキョーワンダーシード2010入選者展/トーキョーワンダーサイト渋谷

アーティストによる時事放談展/ギャラリー・アートコンポジション
 
フェアその他
 
2015年

Art Kaohsiung 2015(台北のGalerie F&Fより出展)

アート大阪 2015/HOTEL GRANVIA OSAKA
 
2014年

Young Art Taipei/Regent Taipei
 
受賞歴
 
2011年

武蔵野美術大学卒業制作展・研究室賞