TRANSPARENCY

いちにほ/Ichiniho 《永遠の少女》 2021年 30×30cm 木製パネル、透明水彩、アクリルガッシュ小西純/Jun Konishi 《希望をみつめて》 2022年 27.9×21cm 水彩、水彩色鉛筆、水彩紙芦屋マキ/Maki Ashiya 《絡んだ》 2022年 26×19.5cm 透明水彩・パール顔彩・色鉛筆・ホイルフレーク
 
いちにほ・小西純・芦屋マキ3人展「TRANSPARENCY」
 
会期:2022/9/24(土) – 10/14(金)12:00-19:00  (日、月、祝– 休廊)
※感染症防止対策のため、オープニング・レセプションはございません。
 
ポップで可愛く、特にダークでSFチックな世界を表現している小西純、
幼少期から変わらない好きなもの、ときめくものをおもちゃ箱にしまうイメージで制作のいちにほ、
透明水彩で光と温度を大切に描いている芦屋マキ、
透明感(TRANSPARENCY)あふれる色の美しさや、ふんわりとした柔らかい雰囲気のある水彩の作品群、お楽しみください。
 
ーーーーー
 
いちにほ Ichiniho
 
幼少期から変わらない好きなもの、ときめくものをおもちゃ箱にしまうイメージで制作。
 
1994年 東京都生まれ
2017年 武蔵野美術大学 造形学科工芸工業デザイン学科金工専攻 卒業
 
展覧会歴

 

<個展>
2022年
いま、わたしたちは/Art Gallery Shirokane 6c(東京)

 
<グループ展>
2022年
緑の黒髪/ぎゃらりぃあと(大阪)
リメイガエキシビション/つくしチーム(名古屋)
Shirokane 6cドローイング展/Art Gallery Shirokane 6c(東京)

 

2021年
drop+pop/MASATAKA CONTEMPORARY(東京)
Retrospective/Art Gallery Shirokane 6c(東京)
瞳に宿すモノ/ぎゃらりぃ あと(大阪)
Aquarelle8/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
花飾り/gallery IYN(大阪)
天使の学び舎/ぎゃらりぃ あと(大阪)

 
2020年
泡沫の旅路/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
 
ーーーーー
 
小西純 Jun Konishi
 
水彩を使用し、ポップで可愛く、時にダークでSFチックな世界を描いています。
女の子や動物たちと共に、言葉で表現できない思いを表現しています。
 
Artist HP:https://ph10.ninja-web.net/

 
兵庫県生まれ
神戸市外国語大学 卒業

 
展覧会歴(個展/グループ展)
 

2022年
MINI○/SANSIAO GALLERY (東京)
BUNGEI Art Life Museum vol.2/日比谷公園図書文化館 (東京)
 

2021年
冬の小作品展/SUNABAギャラリー (大阪)
新、アーティスト展 vol.5/MASATAKA CONTEMPORARY (東京)
 

2020年
ROOM+/Gallery & Cafe AQUA (和歌山)
個展『地球留学生』/SUNABAギャラリー (大阪)
Chocolate Box/SUNABAギャラリー (大阪)
 
ーーーーー
 
芦屋マキ Maki Ashiya
 
イラストレーター・画家。2016年より本格的に作家活動を開始。
透明水彩で光と温度を大切に描いています。
 
展覧会歴(個展/グループ展)
 
2022年
さびしさ/ぎゃらりぃあと
個展「輪郭の温度」
インディゴブルーとひなたの国/bon企画
グループ展「散る頃に」/gallery hydrangea
TEAVRILテーマ展「きらめく刻の石」
幸せを仕立てる/bon企画