青、波間。

きゃらあい/Kyaraai 《何を無意味と考えるか》 2020,  41×31.8cm,  キャンバス、アクリル絵具黒田阿未/Ami Kuroda 《浮沈Ⅰ》 2020,  22.7×22.7cm,  紙版画
 

きゃらあい・黒田阿未2人展「青、波間。」
 
会期:2020/7/25(土) – 8/14(金)12:00-19:00  (日、月、祝– 休廊)
 
・5/16(土) – 6/5(金)に予定しておりましたきゃらあい・黒田阿未2人展「青、波間。」は、7/25(土)– 8/14(金)へ会期が変更となりました。
・展覧会はMASATAKA CONTEMPORARYの隣、Sansiao Galleryのスペースで開催いたします。
・新型コロナウイルス感染症予防のため、オープニングレセプションは開催いたしません。ご了承ください。
 

 
自身の思春期の分身でもある少女たちの心の翳りや揺らぎを、紙版画技法という深い味わいのある美しいモノトーンで表現する黒田阿未。
きゃらあいは、人間が日常的に、無意識的に行う浅はかな行為に対するやりきれなさを、少女を用いてポップに描くことでその行為を知らしめる。
タイトル「青、波間。」は、今回の展示で二人に共通した大事なキーワード。
何を意味して何を伝えたいのか、ぜひ、作品群をご覧頂き、感じて頂けましたら幸いです。

 
■きゃらあい/Kyaraai
 
1996年生まれ。大阪府堺市出身。

 
時代の潔癖性が主なテーマです。幼少期から、大阪の汚れた海と工場の煙を吸って過ごしました。体や環境には良くないと理解していても、郷愁から汚れすらも美しく感じてしまったことから、一般的な正しさだけを貫くことは不可能であると自覚しました。現在、どこにいても絶対にけがれのないものだけと触れ合うことは難しいです。何かしらの汚れたものが自分の内に染み込み、体が潔白であるとは言えません。しかし、私たちは水も空気も食べ物も人も社会も、必要以上に汚れを排除し、無菌であることを求めているように感じます。あらゆることに神経質になりすぎず、受け入れるという選択肢も与えられるような作品を目指しています。
 
展覧会歴
 
2019年
個展「わるだくみ会議」/アトリエ三月(大阪)
個展「ヒーローのふりをした悪役」/River Coffee & Gallery(東京)
えがく、けんだま展/ondo tosabori、ondo STAY&EXHIBITION(大阪・東京)
 
2018年
個展「煙に巻く」/アトリエ三月(大阪)
個展「私は、私の生き方をする。」/three ster kyoto(京都)
純粋キャラクター批判/SUNABA gallery(大阪)
阪急スークアートフェアうめだスークin三月pop summer!/阪急梅田本店10階(大阪)
 
2017年
UTOPIA6/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
FROM KAWAII ART-Overtrun The Stereotypes.-/GALLERY FREAK OUT(東京)
 
2016年
個展「awai」/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
199X⁵/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
 
2015年
個展・「絶対になるもんか!」/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
199X⁴/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
 
2014年
199X³/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
 
 
■黒田阿未/Ami Kuroda
 
富山県出身
東北生活文化大学 生活美術学科 卒業
 
セーラー服をまとう少女の姿を通して、「心のかげり」や「生きづらさ」を紙版画で表現しています。私にとってセーラー服とは、何者にもなれない曖昧な自己を、社会の中でかろうじて存在させるよすがであり、呪縛であり、器のようなものだと感じています。作品の中の少女たちは変わることの出来ないまま、私自身の分身として、もしくは誰でもない誰かとして、閉じた世界に佇んでいます。版を刻むひとつひとつの描写の中に「私は何者なのか」という問いを込めながら制作をし、また鑑賞者にも「あなたは何者ですか」という問いかけをするような作品を作っていきたいと考えています。
 
展覧会歴
 
2020年
版画を買って、おうちに飾ろう!展/晩翠画廊(仙台)
 
2019年
個展「ひかり、かげり」/晩翠画廊(仙台)
個展「忘れられた場所で」/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
板紙凹凸版画展/東北生活文化大学6号館ギャラリーCORE(仙台)
 
2018年
個展「夜」/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
金沢湯涌創作の森AIRプロジェクvol.4 銅板画と紙版画の世界/金沢湯涌創作の森ギャラリー
虚展/ギャラリー越後(仙台)
 
2017年
ACT ART COM 2017 muse部門/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
 
2016年
個展「まぶたのうら」 /晩翠画廊(仙台)
間展Ⅱ/櫟画廊(東京)
The sailor6/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
版は異なもの味なもの 弐/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
 
2015年
個展「透明な少女」/GALLERY SPEAK FOR(東京)